「落語―哲学」中村昇著

公開日:

 落語の「芝浜」はこんな話だ。酒にしくじり失敗続きの魚屋が、あるとき大金の入った財布を拾う。これで遊んで暮らせると喜ぶが、女房はそんな夫をいさめるために、財布を拾ったのは夢だったのだと話し、以後魚屋は真面目に働くようになる――。

 この話はあらゆるものを徹底して疑ったデカルトが、現実世界もまた夢ではないかと疑ったことと通底するのではないか。あるいは、行き倒れの熊五郎の死体を見た八五郎が、これは熊五郎に違いないと長屋から熊五郎を連れてきて本人だと確認させるという「粗忽長屋」は、「私とは何か」という哲学的命題の良きテキストになる。その他、自分の頭の上にできた池の中に、みずから飛び込んで身投げするという、なんともシュールでパラドキシカルな「あたま山」など、落語には、哲学的な命題をはらんだものが多い。

 本書は、哲学者である著者が落語を枕にウィトゲンシュタインから西田幾多郎に至るまで、古今東西の哲学を論じ、落語の奥深さも教えてくれる。

(亜紀書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る