「落語―哲学」中村昇著

公開日: 更新日:

 落語の「芝浜」はこんな話だ。酒にしくじり失敗続きの魚屋が、あるとき大金の入った財布を拾う。これで遊んで暮らせると喜ぶが、女房はそんな夫をいさめるために、財布を拾ったのは夢だったのだと話し、以後魚屋は真面目に働くようになる――。

 この話はあらゆるものを徹底して疑ったデカルトが、現実世界もまた夢ではないかと疑ったことと通底するのではないか。あるいは、行き倒れの熊五郎の死体を見た八五郎が、これは熊五郎に違いないと長屋から熊五郎を連れてきて本人だと確認させるという「粗忽長屋」は、「私とは何か」という哲学的命題の良きテキストになる。その他、自分の頭の上にできた池の中に、みずから飛び込んで身投げするという、なんともシュールでパラドキシカルな「あたま山」など、落語には、哲学的な命題をはらんだものが多い。

 本書は、哲学者である著者が落語を枕にウィトゲンシュタインから西田幾多郎に至るまで、古今東西の哲学を論じ、落語の奥深さも教えてくれる。

(亜紀書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る

人気キーワード