「落語―哲学」中村昇著

公開日: 更新日:

 落語の「芝浜」はこんな話だ。酒にしくじり失敗続きの魚屋が、あるとき大金の入った財布を拾う。これで遊んで暮らせると喜ぶが、女房はそんな夫をいさめるために、財布を拾ったのは夢だったのだと話し、以後魚屋は真面目に働くようになる――。

 この話はあらゆるものを徹底して疑ったデカルトが、現実世界もまた夢ではないかと疑ったことと通底するのではないか。あるいは、行き倒れの熊五郎の死体を見た八五郎が、これは熊五郎に違いないと長屋から熊五郎を連れてきて本人だと確認させるという「粗忽長屋」は、「私とは何か」という哲学的命題の良きテキストになる。その他、自分の頭の上にできた池の中に、みずから飛び込んで身投げするという、なんともシュールでパラドキシカルな「あたま山」など、落語には、哲学的な命題をはらんだものが多い。

 本書は、哲学者である著者が落語を枕にウィトゲンシュタインから西田幾多郎に至るまで、古今東西の哲学を論じ、落語の奥深さも教えてくれる。

(亜紀書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神またお家騒動…矢野監督に危惧される金本氏の“二の舞”

  2. 2

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  3. 3

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  4. 4

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  5. 5

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  6. 6

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で虎電撃復帰急浮上

  9. 9

    GM作物は子供が好む菓子に含まれているがなぜか表示はない

  10. 10

    まるで掃きだめ…衆院決算行政監視委に“問題議員”がズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る