「落語と歩く」田中敦著

公開日: 更新日:

 落語の舞台を歩く楽しさを伝える散歩エッセー。

 手始めに落語「王子の狐」の舞台・東京の北区王子へ。落語のあらすじを紹介後、まずは王子神社へ。しかし、ここは落語に出てくる「王子のお稲荷さん」ではなく、かつて王子権現と呼ばれた神社だという。この地を支配していた豊島氏が紀州熊野三山から王子大神を祭り、若一王子と名付けたのが始まり。紀州出身の8代将軍吉宗の時に周辺の整備が進み、地名も王子になった。その王子神社から400メートルほどで王子稲荷に到着。その裏山に狐の巣跡とされる岩穴がある。そして落語に登場する実在の料理屋(現在は屋台営業)で名物の卵焼きをお土産に。

 他にも上方落語の「桜の宮」などの舞台を歩きながら、落語や土地の歴史のウンチクを語り、落語散歩へと読者をいざなう。(岩波書店 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  5. 5

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

もっと見る