「落語と歩く」田中敦著

公開日:

 落語の舞台を歩く楽しさを伝える散歩エッセー。

 手始めに落語「王子の狐」の舞台・東京の北区王子へ。落語のあらすじを紹介後、まずは王子神社へ。しかし、ここは落語に出てくる「王子のお稲荷さん」ではなく、かつて王子権現と呼ばれた神社だという。この地を支配していた豊島氏が紀州熊野三山から王子大神を祭り、若一王子と名付けたのが始まり。紀州出身の8代将軍吉宗の時に周辺の整備が進み、地名も王子になった。その王子神社から400メートルほどで王子稲荷に到着。その裏山に狐の巣跡とされる岩穴がある。そして落語に登場する実在の料理屋(現在は屋台営業)で名物の卵焼きをお土産に。

 他にも上方落語の「桜の宮」などの舞台を歩きながら、落語や土地の歴史のウンチクを語り、落語散歩へと読者をいざなう。(岩波書店 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る