「医師が診た核の傷」広岩近広著

公開日: 更新日:

 1945年8月6日、トルーマンは広島に原爆を投下したと声明を発表した。東郷茂徳外相の問い合わせに、陸軍は、非常に強力な普通の爆弾のようだと答え、原爆だと認めなかった。

 だが、大本営調査団に加わって広島に向かった物理学の権威、仁科芳雄博士は、科学的なデータと空から一望した広島の様子から、原爆だと断定。陸軍から「赤痢患者が出ている」といわれて広島で治療に当たった医師は、症状は赤痢に似ているが新型爆弾の影響ではないかとの疑いをもつ。他の医師たちも、脱毛、吐血、斑点などの症状の末に悶死する多くの被爆者を前にして、なす術がなかった。そして今、福島の子供たちや原発の作業労働者は被曝の恐怖にさらされている。医師による核の被害の告発の書。

(藤原書店 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る