「医師が診た核の傷」広岩近広著

公開日: 更新日:

 1945年8月6日、トルーマンは広島に原爆を投下したと声明を発表した。東郷茂徳外相の問い合わせに、陸軍は、非常に強力な普通の爆弾のようだと答え、原爆だと認めなかった。

 だが、大本営調査団に加わって広島に向かった物理学の権威、仁科芳雄博士は、科学的なデータと空から一望した広島の様子から、原爆だと断定。陸軍から「赤痢患者が出ている」といわれて広島で治療に当たった医師は、症状は赤痢に似ているが新型爆弾の影響ではないかとの疑いをもつ。他の医師たちも、脱毛、吐血、斑点などの症状の末に悶死する多くの被爆者を前にして、なす術がなかった。そして今、福島の子供たちや原発の作業労働者は被曝の恐怖にさらされている。医師による核の被害の告発の書。

(藤原書店 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る