「原爆」石井光太著

公開日: 更新日:

 陸軍特務機関の一員だった長岡省吾は、除隊後、中国で地質学鉱物学研究所を開設して天然資源の調査研究を行っていた。原爆が落とされた後、実家のあった広島に入り、神社で原爆の熱線で溶解した灯籠の土台に目を留めた。石が血を流しているように見え、「石についた被爆の跡を調べれば、原爆が発した熱線や爆風、それに爆心地が明らかになるにちがいない」と変形した石を拾い集めた。その後、日本政府の原爆調査に加わる。

 そんな長岡に広島市長、浜井信三が声をかけた。浜井は復興都市計画の中で、原爆の実態を知らせる施設(広島平和記念資料館)を造ろうとしていたのだ。

「75年間は草木も生えない」といわれた広島を復興させた人々を描く。(集英社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る