「原爆」石井光太著

公開日:  更新日:

 陸軍特務機関の一員だった長岡省吾は、除隊後、中国で地質学鉱物学研究所を開設して天然資源の調査研究を行っていた。原爆が落とされた後、実家のあった広島に入り、神社で原爆の熱線で溶解した灯籠の土台に目を留めた。石が血を流しているように見え、「石についた被爆の跡を調べれば、原爆が発した熱線や爆風、それに爆心地が明らかになるにちがいない」と変形した石を拾い集めた。その後、日本政府の原爆調査に加わる。

 そんな長岡に広島市長、浜井信三が声をかけた。浜井は復興都市計画の中で、原爆の実態を知らせる施設(広島平和記念資料館)を造ろうとしていたのだ。

「75年間は草木も生えない」といわれた広島を復興させた人々を描く。(集英社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る