「原爆」石井光太著

公開日: 更新日:

 陸軍特務機関の一員だった長岡省吾は、除隊後、中国で地質学鉱物学研究所を開設して天然資源の調査研究を行っていた。原爆が落とされた後、実家のあった広島に入り、神社で原爆の熱線で溶解した灯籠の土台に目を留めた。石が血を流しているように見え、「石についた被爆の跡を調べれば、原爆が発した熱線や爆風、それに爆心地が明らかになるにちがいない」と変形した石を拾い集めた。その後、日本政府の原爆調査に加わる。

 そんな長岡に広島市長、浜井信三が声をかけた。浜井は復興都市計画の中で、原爆の実態を知らせる施設(広島平和記念資料館)を造ろうとしていたのだ。

「75年間は草木も生えない」といわれた広島を復興させた人々を描く。(集英社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

もっと見る

人気キーワード