「大石芳野写真集 戦争は終わっても終わらない」大石芳野著

公開日: 更新日:

 70年を経ても、体験をした人にとって戦争は決して過去の出来事ではない。本書は、国内外で戦争や災害に直面した人々を撮影してきたフォトジャーナリストの著者が、戦争の傷痕を抱き続けながら生きている人々を撮影した作品を編んだ写真集だ。

 8月9日、長崎で爆心地から800メートル離れた防空壕で被爆した下平作江さん(1935年生まれ)。一緒にいた母と姉は黒焦げになって即死、兄も3日後に息絶えた。差別に苦しんだ妹は10年後に列車に飛び込み自殺。その遺体をリヤカーに乗せたまま、自分も列車に飛び込もうと列車を待っていたときに兄の友人に声をかけられ、踏みとどまったという。

 後にその人と結婚し、子どもにも恵まれたが、今も妹の名前を口にすると涙があふれるそうだ。

 学徒動員で広島の爆心地から530メートルの郵便局で勤務中に被爆した寺前妙子さん(30年生まれ)は、左目が飛び出すほどの大けがを負い、顔の整形手術をこれまで3回受け、今も子宮がんや乳がんなど次々と襲ってくる病と闘い続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  4. 4

    ボルボが撤退決断 本気の脱ディーゼルにかかるお値段とは

  5. 5

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  6. 6

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る