• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「核の戦後史」木村朗、高橋博子著

 アメリカのABCC(原爆傷害調査委員会)は1947年、広島、長崎に入り、被爆者の治療は一切せずに原爆の効果だけを調査した。

 葬式代を出すなどして被爆者の遺体を集めてデータを収集し、1975年、ABCCは日米共同研究機関「放射線影響研究所」に再編される。これは〈平和目的〉だとされているが、真の目的は核テロ対策だった。

 放影研は「放射線・核の脅威への医学対策」につながる研究としているが、自分たちから得たデータを新たな核兵器の使用を前提とする研究に使われることに気づいた被爆者は、この研究計画の白紙撤回を求めている。

 原爆と原発の隠蔽された歴史に鋭く斬り込む一冊。(創元社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る