「核の戦後史」木村朗、高橋博子著

公開日:  更新日:

 アメリカのABCC(原爆傷害調査委員会)は1947年、広島、長崎に入り、被爆者の治療は一切せずに原爆の効果だけを調査した。

 葬式代を出すなどして被爆者の遺体を集めてデータを収集し、1975年、ABCCは日米共同研究機関「放射線影響研究所」に再編される。これは〈平和目的〉だとされているが、真の目的は核テロ対策だった。

 放影研は「放射線・核の脅威への医学対策」につながる研究としているが、自分たちから得たデータを新たな核兵器の使用を前提とする研究に使われることに気づいた被爆者は、この研究計画の白紙撤回を求めている。

 原爆と原発の隠蔽された歴史に鋭く斬り込む一冊。(創元社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る