「ファーストクラスで世界一周」たかせ藍沙著

公開日: 更新日:

 多くの人にとってファーストクラスは、一度は味わってみたい憧れの体験。しかし、パリ往復航空券がエコノミークラスなら5万円台から手に入るのに対し、ファーストクラスは250万円、50倍と知ると、やはり庶民には一生手が出そうにもない。

 著者もファーストクラスなんて夢のまた夢だと思っていたそうだ。しかし、航空アライアンスが設定する世界一周航空券は、エコノミークラスが33万5000円~に対し、ファーストクラスは100万3300円~と、その差は3倍と知り、これならば手が届くと、ずっと見たかった絶景、体験したかった冒険、味わいたかった料理、そして泊まりたかったホテル、すべてを旅程に詰め込んで旅に出たそうだ。

 世界一周航空券は、訪れる大陸数や飛行距離で運賃が変わり、最大16回までフライトに搭乗できる。

 まずは少しでもファーストクラスに乗っていたいと、ニューヨーク経由で南米ペルーへ。アマゾン川、マチュピチュ遺跡、ウユニ塩湖を堪能。さらに南アフリカでは象の背中に乗り、ナミブ砂漠の美しさにうっとり。中東オマーンのパラグライダーでチェックインするリゾートホテル、オーストラリアのグレートバリアリーフ、そしてインドネシアや香港を経て日本に帰国するまでの2カ月間の旅。

 ロングフライト8区間をファーストクラスで、設定がない6区間はビジネスクラスを利用。それぞれの航空会社によって異なる座席やサービスの詳細も紹介する。

 本書は、そのお得でありながらぜいたくな世界一周旅行の記録であるとともに、世界一周航空券の利用法や、各航空アライアンスの特典を使い尽くす旅の指南書でもある。定年記念の旅行にファーストクラスでの世界一周、意外にありかも。

(ブックマン社 2800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る