「世界植物探検の歴史」キャロリン・フライ著、甲斐理恵子訳

公開日:  更新日:

 公園や庭を彩る植物や、食卓にのぼるさまざまな野菜や果物の多くは、日本原産ではない。それらの植物は、珍しい種や香料を求めて世界各地を旅した「プラント・ハンター」と呼ばれる探検家たちが、ヨーロッパにもたらしたものだ。

 本書は、彼らプラント・ハンターたちの活躍と植物採集の物語を紹介しながら、それぞれの植物がいかに発見・採集され、新しい土地に根付き、人の暮らしを変えていったのかを解説するビジュアルブック。

 記録に残る人類最初のプラント・ハンターは、紀元前15世紀のエジプトのファラオ・ハトシェプスト。彼女の葬祭殿には、「プント国」に派遣した船が薫香木を持ち帰る様子を描いたレリーフが残されている。ミルラノキなどの薫香木の樹脂は、病気の治療薬や宗教儀式などに用いられたという。

 また、現存するヨーロッパ最古の植物学の専門書を著したギリシャの哲学者であり科学者のテオプラストスは、アレクサンダー大王に、遠征先の植物を持ち帰るよう進言したという。

 その他、植物採集を職業に変えたイギリスのトラデスカント親子をはじめ、18世紀にジェームズ・クックのエンデバー号による南太平洋航海に同行して3600種もの植物標本を持ち帰ったジョゼフ・バンクスや、日本の久留米ツツジをアメリカで披露したアーネスト・ヘンリー・ウィルソン、そして中国の茶葉産業支配を崩そうとする東インド会社に派遣され、チャノキと茶葉製造法をインドにもたらしたロバート・フォーチュンなど。世界の植生を変えたプラント・ハンターたちの功績を、250年以上の歴史を誇るイギリスのキュー王立植物園所蔵の古い植物画など多数の図版とともに紹介。身近な植物の意外な素性に好奇心が刺激されるだろう。

(原書房 3200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る