「歌舞伎の解剖図鑑」辻和子著

公開日: 更新日:

 日本の伝統芸能の粋が詰まった歌舞伎。日本人なら一度は見ておきたいところだが、ハードルが高いと二の足を踏んでいる方も多いのではなかろうか。本書はそんな、興味はあるけど一歩が踏み出せない人におすすめの入門ガイド。イラスト図鑑の形式で、基本の「き」からその魅力や楽しみ方まで分かりやすく教えてくれる。

 まずは、歌舞伎の人気演目「籠釣瓶花街酔醒」のあらすじを、「美人花魁殺人事件の謎」と題し、週刊誌の記事風に紹介。

 歌舞伎には実際の事件をワイドショー的に劇化した作品が多く、これもそのひとつ。吉原で起こった実際の殺人事件をもとに創作されており、劇中で吉原の珍しい風習なども再現されているため、歌舞伎の面白さや華やかさが肌で感じられる、見どころ満載の演目だという。

 舞台上で、強盗や拉致監禁などの犯罪が毎日のように行われ、不倫や略奪愛も横行している歌舞伎は、「不良の祝祭」だと著者はいう。昼メロやワイドショーなどのネタを、洗練し、「イケてる感じ」に表現するのが歌舞伎だと。そう聞くと、なんだか肩の力が抜けて、がぜん見てみたくなる。

 さらに、歌舞伎のハードルを高くしている要因のひとつ、あの格調高いせりふも、大切なのはストーリーを追うことではなく「基本設定の理解」だという。あらかじめ設定とあらすじが頭に入っていれば不思議とせりふも聞き取りやすくなるそうだ。

 その他、独自の仕掛けと工夫がある舞台の秘密、隠れていた本性が現れる瞬間を視覚化した「ぶっ返り」と呼ばれる変身術などの衣装と小道具を使った独自のルール、そして各役者家や名作演目の解説まで。親しみやすいイラストと解説で、堅苦しいと思っていた歌舞伎にぐっと興味がそそられるはず。

 (エクスナレッジ 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る