「ある男」平野啓一郎著

公開日:

 九州・宮崎の小さな田舎町で文房具屋を営む里枝には、つらい過去があった。2歳の次男を脳腫瘍で失い、それが原因で夫とも離婚。長男を連れて、故郷に戻っていた。

 そんな里枝の前に、時折、スケッチブックと絵の具を買いに現れる男がいた。谷口大祐。林業に従事する作業員だった。寡黙で孤独の影があるが、純粋で素直な絵を描く大祐と、心に傷を抱えた里枝は引かれ合い、結婚する。そして女の子が生まれ、家族4人、つましいが幸せな家族を築いていった。 

 ところが、作業中の事故で、大祐は突然、命を落としてしまう。悲嘆にくれながら1年が過ぎ、絶縁したと聞かされていた大祐の実家に、その死を知らせたところ、信じられない事実が判明する。夫は谷口大祐ではなかった。

 では、彼は誰なのか。里枝は離婚裁判で世話になった弁護士、城戸章良を頼り、助けを求めた。ここまでが物語の発端。

 里枝の依頼を受けた城戸は、職業的関心を超えて、「ある男」捜しにのめり込んでいく。調査の過程で、自分の過去を上書きして別の人生を生きる男たちの存在を知った。

 嘘の上に築かれた愛は、本物ではないのか? 一体、愛に過去は必要なのだろうか?

 思索を深めていく城戸とともに、読者もまた自分の存在を見つめ直すことになる。根源的な問いをはらんだ文学作品。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る