「東京輪舞」月村了衛著

公開日: 更新日:

 1976年、ロッキード事件が発覚し、前首相逮捕という異例の事態に陥っていたさなか、警視庁公安部にCIAから日本に潜伏中の元ロッキード社社員ヘンリー・ワイズの捜索依頼が舞い込む。公安部外事第1課の砂田修作は、日本に留学中のワイズの娘アンナに接近しワイズの確保を図るが、アンナと思われた娘は、実はKGBのスパイ、クラーラだった。

 クラーラにはめられた砂田だが、この失敗を糧に、以後、東芝のCOCOM違反、ソ連の8月クーデター、オウム真理教事件、国松警察庁長官狙撃事件、金正男密入国事件といった昭和から平成にかけての大事件に関わっていく。そこで砂田が直面するのは、事件の本質から目をそらし、派閥の力学に翻弄され、ソ連崩壊以後の変化に対応できない公安部の衰退ぶりだった。

 上層部からの圧力や仲間の裏切りにもめげず、単身独自の捜査を続けていく砂田と、事あるごとに砂田を陰で操りながらも手を差し伸べていくクラーラ。この2人を軸に、秘められた公安活動の暗部に光を当てるべく大胆な仮説を打ち出していく。

(小学館 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  10. 10

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

もっと見る