「矛盾社会序説」御田寺圭著

公開日:

 2年前の相模原障害者施設殺傷事件の後、犯人の「人との関わりも希薄で、社会からは隔てられた施設に入所し、それで人としての価値があるといえるのか」という「価値の定義」が、インターネットで一定の支持、共感を集めた。

 支持者たちは生活の不満や他人へのひがみ、恨みをネットでつづる「ネット底辺層」の人々だった。

 彼らは、犯人の行為を「英雄的行為」のように称賛したが、それは社会が「できの悪い健常者」には「自己責任」ですませてきたことを、犯人が障害者に対して再現したことによって、社会の「二枚舌」が浮かび上がったからだ。

 他に「キモい人叩き」や「ひきこもり」など、建前社会の排他性をえぐり出す社会論。

(イースト・プレス 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る