• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『忖度』の構造」榎本博明著

 昨年の流行語にもなった「忖度」。森友・加計学園問題だけでなく、政権の顔色をうかがうマスコミの自主規制や、職場の上司と部下の関係まで、さまざまな場面で横行する忖度の構造を明らかにしながら、日本社会の病理を分析する現代社会論。

 忖度が機能するためには、におわす権力者とにおいをかぎ取ろうとする部下がいなければならない。忖度というのは組織ではごく普通にあることなので、忖度の存在を議論するよりも、忖度によって行われたことが、不適切ではなかったことを説明することが大切なのだという。

 忖度を生み出す「察する」ことが大切な日本的コミュニケーションの特徴を分析しながら、「忖度」社会でトラブルから身を守る方法まで説くビジネスマン必読の書。(イースト・プレス 861円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る