「『忖度』の構造」榎本博明著

公開日: 更新日:

 昨年の流行語にもなった「忖度」。森友・加計学園問題だけでなく、政権の顔色をうかがうマスコミの自主規制や、職場の上司と部下の関係まで、さまざまな場面で横行する忖度の構造を明らかにしながら、日本社会の病理を分析する現代社会論。

 忖度が機能するためには、におわす権力者とにおいをかぎ取ろうとする部下がいなければならない。忖度というのは組織ではごく普通にあることなので、忖度の存在を議論するよりも、忖度によって行われたことが、不適切ではなかったことを説明することが大切なのだという。

 忖度を生み出す「察する」ことが大切な日本的コミュニケーションの特徴を分析しながら、「忖度」社会でトラブルから身を守る方法まで説くビジネスマン必読の書。(イースト・プレス 861円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る