「日本の腰痛誤診確率80%」北原雅樹著

公開日:

 肩や腰の慢性的な痛みに悩まされている日本人は多い。どうせ治らないと思いつつ、せっせとマッサージに通ったり、湿布を貼ってやり過ごしているのではないだろうか。しかし、そんな悪あがきは今日でやめにするべき。なぜなら、慢性痛の原因は痛い箇所にはない場合がほとんどだからだ。

 痛みの専門医である著者は、痛みは「機械的な不調」と「機能的な不調」の2つに分けて考えなければ改善が難しいという。パソコンの不調の原因には、ハードディスクの破損などの機械的な不調と、アプリケーションが作動しない機能的な不調がある。これを痛みに置き換えると、前者が急性痛で、後者が慢性痛ということになる。そして、慢性痛には脳の機能不全が関係しているという。腰と脳など無関係のようだが、腰が痛いとき、その痛みは腰が感じているのではない。電気信号が末梢神経から脊髄を通り、脳に伝えられたさまざまな情報が統合されて「痛みである」と感じているのだ。しかし、脳に機能不全が生じると、腰に機械的な不調がなくても「痛い」と思い込まされてしまう。

 脳の機能不全はストレスや不安などの心理的要因、過労や栄養不良などの身体的要因、そして孤独などの社会的要因によって、簡単に引き起こされてしまう。つまり、慢性痛の原因は患部にあるとは限らず、その多くは生活習慣を改善することで軽減される可能性が高いのだ。

 本書では、運動や食事、睡眠、入浴、いびきなどを見直すことで慢性的な痛みを改善するポイントを解説。欧米と比較して慢性痛対策がお粗末な日本の医療にも警鐘を鳴らしている。痛みの正体を知り、長引く痛みから解放されよう。

(集英社インターナショナル1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る