「『ぐずぐず脳』をきっぱり治す!」 黒川保子著

公開日:

 最近、何をやってもパッとしない、気の利いたことが言えない、人生下り坂だと感じる……。そんな悩みを抱えているなら、あなたの脳は「ぐずぐず脳」に陥っている恐れがあると本書。

 あふれる好奇心や意欲は精神力で出すものではなく、脳内で分泌されるホルモンの力で湧き起こるもの。しかし、現代人の生活習慣は脳の活性化を妨げやすく、ホルモンの分泌を低下させて気持ちを萎えさせてしまうのだという。

 しかし、これは言い換えれば、生活習慣次第で脳が生き生き変化するということだ。本書では、たった7日間で脳を劇的に変えるプログラムを紹介している。まず第一に、午前0時には部屋を暗くして寝ていることだ。午前0時からの2時間は、記憶力や発想力を高めて脳を進化させる、メラトニンというホルモンを分泌させるためのプラチナタイム。ところが、この時に目から光が入っていると、メラトニンの分泌が妨げられてしまう。

 他にも、朝食に卵を食べる、足の裏を磨くなど、簡単にできて脳が活性化する生活の工夫が満載だ。(集英社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る