• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『ぐずぐず脳』をきっぱり治す!」 黒川保子著

 最近、何をやってもパッとしない、気の利いたことが言えない、人生下り坂だと感じる……。そんな悩みを抱えているなら、あなたの脳は「ぐずぐず脳」に陥っている恐れがあると本書。

 あふれる好奇心や意欲は精神力で出すものではなく、脳内で分泌されるホルモンの力で湧き起こるもの。しかし、現代人の生活習慣は脳の活性化を妨げやすく、ホルモンの分泌を低下させて気持ちを萎えさせてしまうのだという。

 しかし、これは言い換えれば、生活習慣次第で脳が生き生き変化するということだ。本書では、たった7日間で脳を劇的に変えるプログラムを紹介している。まず第一に、午前0時には部屋を暗くして寝ていることだ。午前0時からの2時間は、記憶力や発想力を高めて脳を進化させる、メラトニンというホルモンを分泌させるためのプラチナタイム。ところが、この時に目から光が入っていると、メラトニンの分泌が妨げられてしまう。

 他にも、朝食に卵を食べる、足の裏を磨くなど、簡単にできて脳が活性化する生活の工夫が満載だ。(集英社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る