「『ぐずぐず脳』をきっぱり治す!」 黒川保子著

公開日: 更新日:

 最近、何をやってもパッとしない、気の利いたことが言えない、人生下り坂だと感じる……。そんな悩みを抱えているなら、あなたの脳は「ぐずぐず脳」に陥っている恐れがあると本書。

 あふれる好奇心や意欲は精神力で出すものではなく、脳内で分泌されるホルモンの力で湧き起こるもの。しかし、現代人の生活習慣は脳の活性化を妨げやすく、ホルモンの分泌を低下させて気持ちを萎えさせてしまうのだという。

 しかし、これは言い換えれば、生活習慣次第で脳が生き生き変化するということだ。本書では、たった7日間で脳を劇的に変えるプログラムを紹介している。まず第一に、午前0時には部屋を暗くして寝ていることだ。午前0時からの2時間は、記憶力や発想力を高めて脳を進化させる、メラトニンというホルモンを分泌させるためのプラチナタイム。ところが、この時に目から光が入っていると、メラトニンの分泌が妨げられてしまう。

 他にも、朝食に卵を食べる、足の裏を磨くなど、簡単にできて脳が活性化する生活の工夫が満載だ。(集英社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る