• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『ぐずぐず脳』をきっぱり治す!」 黒川保子著

 最近、何をやってもパッとしない、気の利いたことが言えない、人生下り坂だと感じる……。そんな悩みを抱えているなら、あなたの脳は「ぐずぐず脳」に陥っている恐れがあると本書。

 あふれる好奇心や意欲は精神力で出すものではなく、脳内で分泌されるホルモンの力で湧き起こるもの。しかし、現代人の生活習慣は脳の活性化を妨げやすく、ホルモンの分泌を低下させて気持ちを萎えさせてしまうのだという。

 しかし、これは言い換えれば、生活習慣次第で脳が生き生き変化するということだ。本書では、たった7日間で脳を劇的に変えるプログラムを紹介している。まず第一に、午前0時には部屋を暗くして寝ていることだ。午前0時からの2時間は、記憶力や発想力を高めて脳を進化させる、メラトニンというホルモンを分泌させるためのプラチナタイム。ところが、この時に目から光が入っていると、メラトニンの分泌が妨げられてしまう。

 他にも、朝食に卵を食べる、足の裏を磨くなど、簡単にできて脳が活性化する生活の工夫が満載だ。(集英社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る