• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「40歳から眼がよくなる習慣」日比野佐和子、林田康隆著

 人間が外部から受ける刺激のおよそ8割は、目からの視覚情報だ。目と脳の関わりも深く、脳の3分の1から2分の1の部位が、視覚情報の処理に使われているともいわれている。つまり、ものが見えにくくなると、視覚情報が減って脳が刺激を受けづらくなるということ。目の衰えは、脳の老化につながってしまうわけだ。

 40代以降は、多くの人に老眼や疲れ目の症状が表れ、若い頃と同じようにはものが見えにくくなる。これを年のせいだと諦めていては、脳の老化が加速することにもなりかねない。そこで本書では、目のアンチエイジングに役立つさまざまなトレーニングを紹介している。「指スライドトレーニング」は、目のすぐ前に親指を立て、爪を凝視したままで腕を伸ばし親指を1秒で素早く遠ざける。次に、3秒かけて親指を目に近づける。これを30回繰り返せばOKだ。水晶体の厚みをコントロールしている毛様体筋のストレッチになり、目の老化や眼精疲労の解消に効果を発揮するという。

 トレーニングはどれも3分程度でできる簡単なものばかりなので、オフィスでも取り入れやすい。目の老化を食い止めて、脳の若々しさを保とう。(青春出版社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る