「輪ゴム一本で身体の不調が改善する!」佐藤青児著

公開日:

 足の指に輪ゴムをかけることで、腰痛や肩こり、頭痛やむくみなどの不調を改善に導く。「さとう式リンパケア」という体の調整技法を提唱する医師が、その仕組みや実践法を解説していく。

 人間の筋肉は、体を支えて関節を曲げる「屈筋」と、屈筋をサポートする「伸筋」という2種類に大きく分けられる。体を動かすには屈筋を優位に動かすことが重要だが、伸筋で体を動かす癖がついている現代人が多く、さまざまな痛みや不調の原因にもなっているという。

 そこで輪ゴムの出番だ。足の親指に引っかけたら、一度ひねって8の字にし、下側をかかとにかけるだけでOK。足裏の屈筋が圧縮される効果があり、全身の屈筋が連動して動きやすくなる。

 この状態で横向きに寝転んで、上側の膝を90度に曲げて、上側の腕を耳に触れるように上げる、おそ松くんのイヤミのポーズ“シェー”をしてみよう。

 屈筋の中で最も重要なのに、最も使われていない大腰筋が刺激され、腰痛の改善効果も期待できるそうだ。(晶文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る