「モンゴル人の中国革命」楊海英著

公開日: 更新日:

 著者の故郷・モンゴルの最南端オルドス高原を舞台に、日本と中国に翻弄された同国の近現代を見つめた革命史。

 1932年、日本の主導で誕生した満州国の国土の3分の1はモンゴル人の草原が占めていた。日本は、モンゴル人の自治を許し、満州国とモンゴル自治邦というふたつの近代国家をつくったが、オルドスだけは攻め落とせなかった。

 一方の中華民国政府にとっては、オルドスのモンゴル人を国民党指導下の抗日陣営にとどめておくことが重要な政治課題となった。戦後、日本が撤退すると、ヤルタ協定の密約によって中国の占領下におかれた南モンゴルは、国民党と共産党の内戦に巻き込まれていく。

 中国の革命成功によって受難の道を歩まされた南モンゴルの歴史を詳細に解説する。

 (筑摩書房 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る