「五色の虹」三浦英之著

公開日: 更新日:

 日中戦争当時、日本が満州国の首都・新京に設立した「建国大学」。五族協和のスローガンを実践する実験場かつ広告塔としてスタートしたこの大学は、日本、中国、朝鮮、モンゴル、ロシアのエリート学生が共同生活し、当時としては異例の言論の自由が保障された国策大学だった。学生同士の激しい議論により、政府が掲げる理想の国の矛盾をいちはやく見抜いた学生たちは、満州国崩壊後、過酷な運命にさらされる。本書は、各国に散らばった卒業生のその後の人生を追いかけたドキュメンタリーだ。

 大陸に抑留されていた日本人への取材をきっかけに同大学の存在を知った著者は、同大学の研究者への取材と得られた資料を手がかりにして、高齢になった卒業生を一人一人訪ねていく。日本各地を皮切りに、大連、長春、ウランバートル、ソウル、台北、アルマトイへと足を延ばし、歴史の闇に消えた記憶を掘り起こした。

 第13回開高健ノンフィクション賞受賞作品。(集英社 1700円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る