• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【中国の正体】経済から軍事まで着々と手を打つ「習近平の中国」。その正体は?

 政治、経済、軍事いずれの分野でも強烈な存在感を発揮する中国。それはまた歴史上、一度も民主化を実現したことのない国だ。中国側は「西側の民主主義だけがすべてではない」「党の領導、依法治国、人民民主の三者統一が中国流だ」といった反論が返ってくるが、著者は①公正な選挙②司法の独立③言論・報道の自由――の3点が中国民主化のボトムラインだという。

 汚職追放キャンペーンが高官たちの政治闘争の道具なのは周知の通り。香港の中心部の中環(セントラル)地区を埋め尽くした「占中デモ」は中国共産党ひもつきの「普通選挙」への反発から起こった。グーグルが中国から引き揚げたり、「ニューヨーク・タイムズ」のサイトが英・中国語版とも当局にブロックされるのも日常茶飯だ。こんな国で「民主化」が本当に可能なのか。

 本書の著者は若手世代きっての中国ウオッチャーとして、鋭い批判を繰り出しつつも安易な反中論には流されない。実は中国の民主化を望んでいないのは共産党以上に米国ではないか、それほど米国は中国の潜在力を恐れているのではないかという視点は鋭利だ。(ダイヤモンド社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る