【中国の正体】経済から軍事まで着々と手を打つ「習近平の中国」。その正体は?

公開日:  更新日:

 政治、経済、軍事いずれの分野でも強烈な存在感を発揮する中国。それはまた歴史上、一度も民主化を実現したことのない国だ。中国側は「西側の民主主義だけがすべてではない」「党の領導、依法治国、人民民主の三者統一が中国流だ」といった反論が返ってくるが、著者は①公正な選挙②司法の独立③言論・報道の自由――の3点が中国民主化のボトムラインだという。

 汚職追放キャンペーンが高官たちの政治闘争の道具なのは周知の通り。香港の中心部の中環(セントラル)地区を埋め尽くした「占中デモ」は中国共産党ひもつきの「普通選挙」への反発から起こった。グーグルが中国から引き揚げたり、「ニューヨーク・タイムズ」のサイトが英・中国語版とも当局にブロックされるのも日常茶飯だ。こんな国で「民主化」が本当に可能なのか。

 本書の著者は若手世代きっての中国ウオッチャーとして、鋭い批判を繰り出しつつも安易な反中論には流されない。実は中国の民主化を望んでいないのは共産党以上に米国ではないか、それほど米国は中国の潜在力を恐れているのではないかという視点は鋭利だ。(ダイヤモンド社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る