【中国の正体】経済から軍事まで着々と手を打つ「習近平の中国」。その正体は?

公開日: 更新日:

 政治、経済、軍事いずれの分野でも強烈な存在感を発揮する中国。それはまた歴史上、一度も民主化を実現したことのない国だ。中国側は「西側の民主主義だけがすべてではない」「党の領導、依法治国、人民民主の三者統一が中国流だ」といった反論が返ってくるが、著者は①公正な選挙②司法の独立③言論・報道の自由――の3点が中国民主化のボトムラインだという。

 汚職追放キャンペーンが高官たちの政治闘争の道具なのは周知の通り。香港の中心部の中環(セントラル)地区を埋め尽くした「占中デモ」は中国共産党ひもつきの「普通選挙」への反発から起こった。グーグルが中国から引き揚げたり、「ニューヨーク・タイムズ」のサイトが英・中国語版とも当局にブロックされるのも日常茶飯だ。こんな国で「民主化」が本当に可能なのか。

 本書の著者は若手世代きっての中国ウオッチャーとして、鋭い批判を繰り出しつつも安易な反中論には流されない。実は中国の民主化を望んでいないのは共産党以上に米国ではないか、それほど米国は中国の潜在力を恐れているのではないかという視点は鋭利だ。(ダイヤモンド社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  6. 6

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    美女ドライバーを違反切符で口説こうとした警察官は誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る