早川いくを(著作家、書籍デザイナー)

公開日: 更新日:

2月×日 締め切りに焦り、確定申告の書類を書き、おどしすかしで偏食の子供に夕飯を食わせ、風呂に入れ、皿を洗い、布団に倒れ込んで毎日その繰り返し。たまりゆく日常の澱。もういやだ。何もかも打ち捨てて旅に出たい。本当にそうできれば無頼派作家などと名乗れもしようが、しょせん日常という潮だまりで、つましく生きるしかないこの私だ。

 しかし小さき者に光あれ。宮田珠己氏の新刊「ニッポン47都道府県正直観光案内」(本の雑誌社 1650円+税)が出たのだ。宮田氏の独自すぎる視点の全国見どころ案内。巻頭に「グルメやおみやげ、店、宿などの情報は枝葉だから扱わない」とある。情報乞食は来るな、というスタンス。鋼のオリジナリティーだ。こりゃ信頼できる。本物の旅には行けないが、この本を片手に、脳内観光旅行と洒落込もう。

2月×日 兵庫県の日本最大の食虫植物コレクションを有する「兵庫県立フラワーセンター」を脳内観光。食虫植物に凝った中学生の夏を思い出す。ウツボカズラにモウセンゴケにハエトリソウ。草の分際で昆虫を食ってしまうところが、君たち痛快だ。

2月×日 「SF県」だという青森県を脳内観光。下北半島の仏ヶ浦の景観は、かのルネ・ラルー監督の超絶アニメ「ファンタスティック・プラネット」の世界だという。奇怪で芸術的な風景が延々と続く。青森が別の惑星だとは知らなかった。なるほどSFだ。

2月×日 石川県の忍者寺を脳内観光。抜け穴、隠し部屋、落とし階段。「からくり」という言葉のフェチ感。蘇る中2メカ魂。からくり屋敷に住んでみたい。そして意味なく宅配の配達員さんを天井吊りにしてみたい。

2月×日 今日は沖縄県を脳内……。え? 学用品を買うから2万円よこせ? 風呂を洗え? もう子供が帰ってくる? ああ、もう現実に引き戻された。脳内観光さえ自由にできないとは。しかしいつか本物の旅に出てやるぞ。無頼の旅ガラスとなって、いや、カモメのジョナサンとなっていずこともなく飛び去ってやるのだ。この日常から……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る