「ナショナルジオグラフィック にわかには信じがたい本当にあったこと」デビッド・ブラウン編 片山美佳子ほか訳

公開日: 更新日:

 人間の脳が大きくなれたのはワニの肉を食べていたからかもしれない。 ケニア北部の195万年前の遺跡から、解体されたカメやワニ、魚の骨や石器が見つかった。ヒト族の脳が大型化する上で、爬虫類や魚類に豊富に含まれる長鎖多価不飽和脂肪酸(LCPUFA)という「よい脂肪」が複合的な要因のひとつになっていた可能性があるというのだ。

 ほかに、“カビが生えたバイオリンケース”のような強烈な悪臭のため、肉食動物に簡単にすみかを見つけられてしまい、絶滅の危機に陥っているフクロウオウム(ニュージーランド)のことなど、ウソのようなホントの話を「ナショナルジオグラフィックニュース」から紹介。

(日経ナショナルジオグラフィック社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  2. 2

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  3. 3

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  8. 8

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

  9. 9

    <8>市試算でコスト増218億円 職員嘆くブラック、ハリボテ

  10. 10

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

もっと見る

人気キーワード