「文豪お墓まいり記」山崎ナオコーラ著

公開日: 更新日:

 山崎は小学生の頃、教会の日曜学校に通っていたが、大人になってからは教会と疎遠になっていた。だが、流産や父の死などを経験して何かを信じたくなり、近くの教会の日曜礼拝に出るようになった。以前、遠藤周作の墓があったカトリック府中墓地は、自宅から歩いて行ける場所だったので、母親と2人で出掛けた。キリスト教式の墓のためか線香立てがないので、花だけ生けた。遠藤の「沈黙」には、心の弱いキチジローが、自分に苦しみを与えた神に、「なぜ」と問う場面がある。その問いに答えがなくても、何かを信じようとする行為に、山崎はほの明るい光を感じた。(「遠藤周作」)

 永井荷風や星新一ら26人の作家の墓に参って感じたことをつづる、お散歩エッセー。

(文藝春秋 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る

人気キーワード