「文豪お墓まいり記」山崎ナオコーラ著

公開日: 更新日:

 山崎は小学生の頃、教会の日曜学校に通っていたが、大人になってからは教会と疎遠になっていた。だが、流産や父の死などを経験して何かを信じたくなり、近くの教会の日曜礼拝に出るようになった。以前、遠藤周作の墓があったカトリック府中墓地は、自宅から歩いて行ける場所だったので、母親と2人で出掛けた。キリスト教式の墓のためか線香立てがないので、花だけ生けた。遠藤の「沈黙」には、心の弱いキチジローが、自分に苦しみを与えた神に、「なぜ」と問う場面がある。その問いに答えがなくても、何かを信じようとする行為に、山崎はほの明るい光を感じた。(「遠藤周作」)

 永井荷風や星新一ら26人の作家の墓に参って感じたことをつづる、お散歩エッセー。

(文藝春秋 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る