「ブックショップ」ペネロピ・フィッツジェラルド著、山本やよい訳

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、1959年のイギリス。主人公のフローレンス・グリーンは、戦争で亡くなった夫との夢だった書店をオープンするため、海辺の小さな町ハードバラの空き家を手に入れた。

 オールドハウスと呼ばれるその家は、7年もの間放っておかれた物件で、屋根瓦が崩れおち、おまけに地下にはかつて洪水になった際の海水がまだ残っているようなしろもの。その上幽霊まで出るような場所だったが、フローレンスは精力的に開店の準備へとこぎつける。

 当初、銀行員や住人たちの女1人の挑戦を揶揄するような町の人々の声があったにもかかわらず、何ひとつない町にできた書店は、いつしか住民が詰めかける人気の場所になっていく。しかし、町の有力者は事あるごとにフローレンスに嫌がらせをするのだった……。

 本作を含む3作の小説が英国の権威あるブッカー賞にノミネートされ、79年に「テムズ河の人々」で受賞を果たした著者の長編小説。保守的な田舎町に本をもたらそうと奮闘する女性の静かなる挑戦を描く。「マイ・ブックショップ」の名で映画化もされ、3月から各地で上映されている。

(ハーパーコリンズ・ジャパン 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード