「ブックショップ」ペネロピ・フィッツジェラルド著、山本やよい訳

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、1959年のイギリス。主人公のフローレンス・グリーンは、戦争で亡くなった夫との夢だった書店をオープンするため、海辺の小さな町ハードバラの空き家を手に入れた。

 オールドハウスと呼ばれるその家は、7年もの間放っておかれた物件で、屋根瓦が崩れおち、おまけに地下にはかつて洪水になった際の海水がまだ残っているようなしろもの。その上幽霊まで出るような場所だったが、フローレンスは精力的に開店の準備へとこぎつける。

 当初、銀行員や住人たちの女1人の挑戦を揶揄するような町の人々の声があったにもかかわらず、何ひとつない町にできた書店は、いつしか住民が詰めかける人気の場所になっていく。しかし、町の有力者は事あるごとにフローレンスに嫌がらせをするのだった……。

 本作を含む3作の小説が英国の権威あるブッカー賞にノミネートされ、79年に「テムズ河の人々」で受賞を果たした著者の長編小説。保守的な田舎町に本をもたらそうと奮闘する女性の静かなる挑戦を描く。「マイ・ブックショップ」の名で映画化もされ、3月から各地で上映されている。

(ハーパーコリンズ・ジャパン 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る