「バシレウス 呂不韋伝」塚本靑史著

公開日: 更新日:

 2019年春、始皇帝兵馬俑博物館の研究員は、宝物庫の発掘で古代ギリシャの金貨が発見されたと発表、戦国時代から東西交易があった可能性が示唆された。さらに始皇帝の妃や公子とおぼしき頭蓋骨も発見されたが、それらは白人系統の遺伝子を持っていた。以前から始皇帝にはソグド人の商人、呂不韋の血が入っているといわれていたのだ。

 前285年ごろ、呂不韋はソグディアナ出身の父と一緒に秦や漢で武器などの販売をしていたが、趙の邯鄲で人質にされていた秦の公子、贏異人と出会う。贏は呂不韋の支援で王位に就き、その子が後に秦の始皇帝として中華の統一を目指すのである。春秋戦国時代を終わらせた男たちを描く壮大な歴史小説。

(NHK出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る