「バシレウス 呂不韋伝」塚本靑史著

公開日: 更新日:

 2019年春、始皇帝兵馬俑博物館の研究員は、宝物庫の発掘で古代ギリシャの金貨が発見されたと発表、戦国時代から東西交易があった可能性が示唆された。さらに始皇帝の妃や公子とおぼしき頭蓋骨も発見されたが、それらは白人系統の遺伝子を持っていた。以前から始皇帝にはソグド人の商人、呂不韋の血が入っているといわれていたのだ。

 前285年ごろ、呂不韋はソグディアナ出身の父と一緒に秦や漢で武器などの販売をしていたが、趙の邯鄲で人質にされていた秦の公子、贏異人と出会う。贏は呂不韋の支援で王位に就き、その子が後に秦の始皇帝として中華の統一を目指すのである。春秋戦国時代を終わらせた男たちを描く壮大な歴史小説。

(NHK出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る