「その部屋のなかで最も賢い人」トーマス・ギロビッチ、リー・ロス著小野木明恵訳

公開日: 更新日:

「自分よりゆっくり車を走らせているやつはバカで、自分より速いやつはイカレてると思ったことはないか?」

 こう聞かれて、多くの人はうなずくに違いない。つまり、一口に「客観性」とはいっても、そこには個々人の思い込みやバイアスがかかっており、そこを間違うと判断を誤ってしまう。本書はそうした思い込みや錯誤を排して、いかに賢明な判断を下せるかを、社会心理学の側面から説いたもの。

 ここで扱われているのは、次の5つの要素。①は先に挙げた「客観性の幻想」②の「状況の押しと引き」では、有名なミルグラム実験を例に引き、ある状況の下では命じられれば非常に危険な行為をしてしまうという、状況的な力と制約の影響を論じる③の「ゲームの名前」は、耳を立てているウマにも見えるし、その耳の部分を尾っぽと見立てれば寝転がったアザラシにも見えるイラスト(本書カバーに使用)を示し、枠付けの問題を取り上げる④の「行動の優越」は、ドイツの反ナチの白バラ運動を例に、害悪に立ち向かう効果的なあり方を問う。そして⑤の「鍵穴、レンズ、フィルター」は、イデオロギーによって視野が狭まる「トンネル視」の危険性を訴える。

 これら5つの要素を十二分に考慮して最も賢い判断を下した例として、南アフリカ大統領のネルソン・マンデラが1995年のラグビー・ワールドカップの決勝戦において、白人のアフリカーナーが圧倒的多数を占める競技場に、アパルトヘイトを象徴するジャージーを着て登場し、見事に民族融和を図ったエピソードを紹介している。

 翻って、「その部屋のなかで最も愚かしい人(たち)」が国政を握っている我が国。果たして変化が訪れる日が、いつか来るのだろうか。 <狸>

(青土社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る