「女たちのアンダーグラウンド」山崎洋子著

公開日: 更新日:

 JR根岸線山手駅近くにある根岸外国人墓地。明治13年に開設されて以来約1200人の外国人が埋葬されているが、そのほとんどが敗戦直後の昭和20年から数年以内のもので、横浜に進駐していたアメリカ人と日本人女性の間に生まれた嬰児、いわゆるGIベビーのものだという。著者がその存在を知ったのは20年前に上梓した「天使はブルースを歌う」の取材のときだった。占領下でもあり、その存在は一種のタブーとして長い間歴史の闇に葬られていた。

 本書は、そうした闇に光を当て、米兵と日本人女性の間に生まれた子どもたちがそれ以降どのように生きたのかをさまざまな人たちの証言によって跡づけている。当初は混血児として差別にさらされていたのが、60年代の「ハーフ」ブームで脚光を浴びるようになったモデルやミュージシャンたち。むろん、それぞれの軌跡はハーフという言葉でひとくくりにすることはできないが、そこには「戦後」という時代がうみ落とした何ものかが見える。

 著者はさらに中華街の在日中国人や色街で働いていた日本人女性やタイ人女性たちの声も拾い、横浜という町の闇と光を浮かび上がらせていく。

(亜紀書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

もっと見る