「女たちのアンダーグラウンド」山崎洋子著

公開日: 更新日:

 JR根岸線山手駅近くにある根岸外国人墓地。明治13年に開設されて以来約1200人の外国人が埋葬されているが、そのほとんどが敗戦直後の昭和20年から数年以内のもので、横浜に進駐していたアメリカ人と日本人女性の間に生まれた嬰児、いわゆるGIベビーのものだという。著者がその存在を知ったのは20年前に上梓した「天使はブルースを歌う」の取材のときだった。占領下でもあり、その存在は一種のタブーとして長い間歴史の闇に葬られていた。

 本書は、そうした闇に光を当て、米兵と日本人女性の間に生まれた子どもたちがそれ以降どのように生きたのかをさまざまな人たちの証言によって跡づけている。当初は混血児として差別にさらされていたのが、60年代の「ハーフ」ブームで脚光を浴びるようになったモデルやミュージシャンたち。むろん、それぞれの軌跡はハーフという言葉でひとくくりにすることはできないが、そこには「戦後」という時代がうみ落とした何ものかが見える。

 著者はさらに中華街の在日中国人や色街で働いていた日本人女性やタイ人女性たちの声も拾い、横浜という町の闇と光を浮かび上がらせていく。

(亜紀書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る