「ヨコハマメリー」中村高寛著

公開日:  更新日:

 横浜にかつて、白化粧に白いドレスの老娼婦がいた。大きな人形、それとも幽霊? 

「ハマのメリーさん」は噂でも都市伝説でもなく、実在した。戦後、米兵相手の娼婦をしていたが、時代が移り、年老いても、真っ白に化粧して、街に立ち続けた。

 著者は中学生のころ、馬車道でベンチに座っているメリーさんと遭遇。その異形に驚き、違和感を覚えた。22歳で映画の演出助手をしていたとき、ふとしたきっかけでメリーさんの記憶がよみがえり、メリーさんのドキュメンタリー映画を撮ろうと決意する。

 しかし、メリーさんは、2年前に横浜から姿を消していた。死んだとも、故郷に帰ったともいわれていた。対象不在のドキュメンタリーは成立するのか。著者はメリーさんと接点のあった人物を探し出し、片っ端からインタビューを試みる。ゲイのシャンソン歌手、美容師、クリーニング店の夫婦、写真家、元娼婦……。メリーさんの実像が少しずつ明らかになり、メリーさんを語る人々のそれぞれの戦後が浮かび上がっていく。

 横浜がメリーさんを「有名人」として許容してきた背景には、幕末から外国人相手の娼婦が多くいた街の歴史がある。時代が変わり、街が変わったとき、メリーさんは横浜を去らざるを得なかったのではないか。

 若き監督は、重いテーマを背負い、資金調達に苦しみ、ときに厳しい取材拒否にあう。何度か挫折しかけたが、6年かけて映画「ヨコハマメリー」は完成し、高い評価を受けた。 

 それから10年余。作品の製作過程を個人的な葛藤も含めて書いたこのドキュメンタリーを発表した。映像で記録した「消えていく記憶」を、今度は活字に刻むかのように。謎のメリーさんのその後も明らかにされている。

(河出書房新社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る