「こちら横浜市港湾局みなと振興課です」真保裕一著

公開日:  更新日:

 主人公は、横浜市港湾局みなと振興課で働く船津暁帆。採用試験を突破し、あとは将来有望な男をゲットすれば老後まで安泰……というもくろみだったのだが、配属されたのは本庁ではなく離れ小島のような産業貿易センタービル5階。広報や国際交流、施設管理や防災計画などが主な仕事のはずが、港がからむあらゆる雑事が回されてくるのが悩みの種だった。

 ところが、多すぎる仕事を抱えて青息吐息だった暁帆の下に、城戸坂泰成という国立大出のエリートが突然配属された。そのパーフェクトな仕事ぶりを見て、なぜこんなエリートがうちの部署に? という疑念を深める暁帆。そんなある日、カンボジアからの研修生が失踪する大事件が発生するのだが……。

「連鎖」で第37回江戸川乱歩賞を受賞してデビューして以来、「ホワイトアウト」や「奪取」などの作品で数々の賞を受賞している著者の最新作。横浜を舞台に、暁帆と城戸坂の名コンビが次々と舞い込むトラブルを解決していく。氷川丸、コスモワールドの観覧車などでおなじみの横浜を舞台に、港ならではの人と国をつなぐ物語を温かく描いている。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る