「アイデンティティが人を殺す」アミン・マアルーフ著 小野正嗣訳

公開日: 更新日:

 レバノンに生まれ、27歳でパリに移住した著者は、複数の国、言語、文化的伝統の境界を生きてきた。これが氏のアイデンティティーなのだが、よく「自分のいちばん深いところでは、自分を何者だと感じているのか」と問われる。その人が帰属する唯一のものは、生まれながらに定まり変化することはないという考え方からだ。

 昨今、宗教や人種、民族などの「本質的な帰属なるもの」=「自分のアイデンティティーを表明する」ことが求められることが増えた。しかし、それは複雑なアイデンティティーを持つ者がのけ者にされることになる。人が宗教的または民族的、その他もろもろのアイデンティティーという名のもとに数々の罪を犯すのはなぜなのかを考察した名エッセーの邦訳。

(筑摩書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る