「アイデンティティが人を殺す」アミン・マアルーフ著 小野正嗣訳

公開日: 更新日:

 レバノンに生まれ、27歳でパリに移住した著者は、複数の国、言語、文化的伝統の境界を生きてきた。これが氏のアイデンティティーなのだが、よく「自分のいちばん深いところでは、自分を何者だと感じているのか」と問われる。その人が帰属する唯一のものは、生まれながらに定まり変化することはないという考え方からだ。

 昨今、宗教や人種、民族などの「本質的な帰属なるもの」=「自分のアイデンティティーを表明する」ことが求められることが増えた。しかし、それは複雑なアイデンティティーを持つ者がのけ者にされることになる。人が宗教的または民族的、その他もろもろのアイデンティティーという名のもとに数々の罪を犯すのはなぜなのかを考察した名エッセーの邦訳。

(筑摩書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る

人気キーワード