「古き佳きエジンバラから新しい日本が見える」ハーディ智砂子著

公開日: 更新日:

 スコットランド人と結婚して古都エジンバラに住む著者は、結婚後、現地の資産運用会社や生命保険会社でキャリアを積み、現在はファンドマネジャーとして活躍。在外生活30年を超えた著者が、異国の地から見た祖国を語るエッセー。

 地球環境や社会正義を真剣に守っていく仕組みをつくらなければ人類に未来はないことは誰の目にも明らかだ。日本には、そんな時代に大きな役割を担う能力があると期待をかける。

 海外で暮らして分かった日本の教育の優れている点、逆に今の日本が海外を見習って目指している「自分の意見を堂々と言えるようになる教育」の弊害など、両方を熟知する著者ならではの視点で、それぞれの文化と、仕事を通じて実感する日本の成長性を語る。

 (講談社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る