「ブルース・リー 李小龍の栄光と孤独」四方田犬彦著

公開日: 更新日:

 1970年代、世界を席巻した香港功夫(クンフー)映画の大スター、ブルース・リー(中国名李小龍)。彼が全世界に与えた衝撃は計り知れず、ハリウッドのアクション映画は彼の登場以前と以後では「アクションの文体が一転」したともいわれている。

 その影響は映画だけにとどまらず、社会的・文化的次元にまで波及。彼が体現した道徳性に満ち、禁欲的な中国人像は、アメリカにおいて、アジア系のみならず、移民の象徴的な存在となり「人種的マイノリティーの抵抗と団結を語る」さいにしばしば援用されることになったという。

 本書は、その32年の短い生涯をふりかえり、知られざる子役時代に出演した映画や、アメリカでの修業時代、功夫哲学まで論じる映画テキスト。

(筑摩書房 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード