「記憶喪失になったぼくが見た世界」坪倉優介著

公開日: 更新日:

 大学1年生のときに、事故ですべての記憶や知識を失った著者が、草木染作家として独立するまでの12年間をつづったノンフィクション。

 事故後、10日で覚醒したものの以前の記憶だけではなく、言葉や知覚の記憶などすべてを失い、生まれたての赤ん坊の状態になってしまった著者。手をひっぱられ、やわらかいものに座らされると、突然世界が動き出した。上を見ると細い3本の線がついてくる。見とれていると、風景が止まり、外に連れだされ大きな物の前に連れていかれる。どうしていいのか迷っていると「ここがゆうすけのおうちやで」と言われるが、なんのことか分からない。

 退院初日から、こうして世界を一から獲得していく過程をみずみずしい言葉遣いでつづる。

(朝日新聞出版 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る