「記憶喪失になったぼくが見た世界」坪倉優介著

公開日: 更新日:

 大学1年生のときに、事故ですべての記憶や知識を失った著者が、草木染作家として独立するまでの12年間をつづったノンフィクション。

 事故後、10日で覚醒したものの以前の記憶だけではなく、言葉や知覚の記憶などすべてを失い、生まれたての赤ん坊の状態になってしまった著者。手をひっぱられ、やわらかいものに座らされると、突然世界が動き出した。上を見ると細い3本の線がついてくる。見とれていると、風景が止まり、外に連れだされ大きな物の前に連れていかれる。どうしていいのか迷っていると「ここがゆうすけのおうちやで」と言われるが、なんのことか分からない。

 退院初日から、こうして世界を一から獲得していく過程をみずみずしい言葉遣いでつづる。

(朝日新聞出版 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  9. 9

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

  10. 10

    <25>お持ち帰りできる「ホテル内のカラオケ」で接待

もっと見る

人気キーワード