「世にも美しき数学者たちの日常」二宮敦人著

公開日: 更新日:

 東京工業大学の加藤文元教授は「数学はお金がかかる学問です」と言う。いろいろな人に頻繁に会うことが必要なので、旅費が必要なのだ。

 教授はエジプトやイタリアなどに出張している。例えば、解析系の問題を解く時に、解析の中だけで仕事をしていても限界がある。他分野の人と話すと新しい発想が生まれて道が開けることがある。数学では問題と一緒に生活することが一番重要で、共同研究する時は相手と共同生活をして、食事中も旅行中も、その問題について話ができる状態にする。

 聞き手に向かって話すことで自分のアイデアが育つ。そういう「共鳴箱」を持つことが必要なのだ。

「数学」という迷宮を探検するノンフィクション。

(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    巨人は今年も大補強へ着々 即戦力投手逃しドラフト大誤算

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る