「世にも美しき数学者たちの日常」二宮敦人著

公開日: 更新日:

 東京工業大学の加藤文元教授は「数学はお金がかかる学問です」と言う。いろいろな人に頻繁に会うことが必要なので、旅費が必要なのだ。

 教授はエジプトやイタリアなどに出張している。例えば、解析系の問題を解く時に、解析の中だけで仕事をしていても限界がある。他分野の人と話すと新しい発想が生まれて道が開けることがある。数学では問題と一緒に生活することが一番重要で、共同研究する時は相手と共同生活をして、食事中も旅行中も、その問題について話ができる状態にする。

 聞き手に向かって話すことで自分のアイデアが育つ。そういう「共鳴箱」を持つことが必要なのだ。

「数学」という迷宮を探検するノンフィクション。

(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード