「生きのびるマンション」山岡淳一郎著

公開日: 更新日:

 日本では今、多くの分譲マンションが「建物の老朽化」と「住民の高齢化」という「二つの老い」に直面している。一方でマンションは「私」の自由と、「共同体」の役務を少し重ね合わせれば「楽園」に変わる潜在力を秘めていると著者は言う。

 本書は、マンションを取り巻く現実と、「楽園」に転じた例などを紹介しながら、「二つの老い」を克服するためにどうすればよいかを提言する住まいのテキスト。

 認知症の居住者への対応、持ち主が判明しない空室の相続住居の処分など管理組合が直面しているさまざまな問題を取り上げ、スラム化と楽園化の分岐点を考える。他にも修繕積立金を狙い管理組合を欺く業界内の「談合・リベート」の実態や、タワーマンションを巡る不都合な真実など。マンション居住者必読の書。

 (岩波書店 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る