北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ヒールをぬいでラーメンを」栗山圭介著

公開日: 更新日:

 IT企業をクビになり、公私ともにどん底を味わったヒロインが、絶対に見返してやるとラーメン屋開業を決意するところから始まる物語である。

 そのヒロイン、門阪有希は、まず麺作り学校に通いだす。同期入学した20人の中で、女性は有希を含めて2人だけ。中学を卒業したばかりの男子から定年退職した元サラリーマンまでさまざまだ。そこである程度のことを学んだヒロインは、次に実際のラーメン店でアルバイトしながら「修業」する。

 つまりこれは、昨今はやりの「お仕事小説」である。ラーメン屋を始めるにあたって、いちばん大変なことは何か。何が重要なのか。どういうふうに学んでいくのか。「お仕事小説」の定石通りに、そういう細部が、これでもかこれでもかと描かれていくので、大変に面白い。

「お仕事小説」がこれだけ読まれているのは、具体的なことを、細かなことまで含めてすべて知りたい、という読者が増えているからだろう。現代はディテールの時代だ、ともいえるのである。そういう読者の期待に、本書は十分にこたえると思う。

 しかし、本書の魅力はそれだけではないことだ。アルバイト先のラーメン屋「花水木」の従業員たちとの確執と和解を見られたい。そういう人間的要素が濃い、感情が濃い。これが本書の魅力で、この物語にどんどん引き込まれていくのもそのためである。

(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

  2. 2
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  3. 3
    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

  4. 4
    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

  5. 5
    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

もっと見る

  1. 6
    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

  2. 7
    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

  3. 8
    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

  4. 9
    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

  5. 10
    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況

    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況

人気キーワード