北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「秘湯めぐりと秘境駅」牛山隆信著

公開日: 更新日:

 秘境駅とは、列車以外でたどりつくのが困難な駅のこと。この著者はそういう駅を訪れる旅の記録を書き続けている人だが、すごいのは廃止された駅跡までターゲットにしていることだ。完全に道が途絶えた山中の秘境駅跡にたどりつくのは容易ではない。たとえば、宗谷本線の神路という駅は、大正11年に出来た駅だが、昭和60年に廃止。もともと陸の孤島につくられた駅だが、事情があって人が住まなくなったので廃止され、ホーム跡も駅舎もすべて撤去。その跡地に向かうのだが、これがスリリングである。

 秘湯をめぐる旅ならまだわかる。本書でも渡島半島の山奥にある野湯「金花湯」を訪れる冒険行が出てくるが、片道21キロの山中を徒歩で7時間かけていくというのは、もちろんそれも大変だろうけど、目的地に着けば温泉に入ることが出来る。そういうご褒美が待っている。

 ところが、秘境駅の跡地に行っても草木が繁茂する更地になっているだけで何もないのだ。それなのに秘境駅跡マニアの著者は果敢に攻めていくのである。人跡未踏の山中から神路駅跡に接近するのは、遭難やヒグマとの遭遇を考えると大変危険なので、川の対岸からまず中州に渡り、そこから入水して駅跡地に行くという方法を最終的には選択する。ところが川の流れが意外に速く、流されそうになるのだ。

 マニアというのはホントにすごいと感服の一冊だ。

(実業之日本社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る