北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「海とジイ」藤岡陽子著

公開日:

 瀬戸内の島を舞台にした連作である。漁師の清ジイ、島の診療所にやってきた月島先生、石の博物館をつくった澪二の祖父――この3人の、どうやって死を迎えるか、その凛とした覚悟の日々が描かれていく。

 ここでは、月島先生を紹介する。看護師から「先生、歳を取るのは辛いことでしょうか?」と質問された先生が、「体の機能に関して言えば、辛いことが多いですね」と言ってから、次のように付け加える。

「でも心に関して言えば2つほどいいところもあります」

“年を取っていいところって何だろう”と、ここで立ち止まってしまった。体はつらい。たしかにそうだ。坂道を上るのはつらいし、重い荷物を持つのも、もうできない。しかし、心に関してはいいところもある、と月島先生は言うのだ。何だろう?

「ひとつは、これから先どのように生きようかという悩みが少なくなるということ」

 なるほど、若いときなら、この職業に就きたいけどできるだろうかとか、できればこういう人生を歩みたいけど無理だろうかとか、いろいろ考えて悩むものだが、年を取るとたしかにそういう悩みはなくなってくる。70歳を過ぎて80歳が近くなれば、そんなことを考えても仕方がないのだ。

「これは単に選択肢が少なくなるからだと思いますがね」と先生は言うが、目からウロコといっていい。あと1つは何? それは本書を当たられたい。 (小学館 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る