「脳が若返る15の習慣」飛松省三著

公開日: 更新日:

「昨日の晩ご飯は何を食べたっけ……」。こんなモノ忘れを年のせいだと放っておくと、脳の老化はどんどん進んでしまうと本書は警告する。言い換えれば、放っておかずに早めの対策を講じることで、脳の老化の進行を抑えるだけでなく脳を活性化させて若返らせることも難しくないのだ。

 著者は、心理学や工学分野と連携しながら脳研究を行う臨床脳波研究の第一人者。国際英文誌に掲載された研究成果と脳科学の知識を組み合わせた、極めて信頼性の高い、日常生活に生かせる脳を鍛える工夫を紹介している。

 多くの人が1日に何度も操作するスマホ。このとき、“非利き手”で操作を行うようにしてみよう。実は、利き手を使っているときよりも非利き手でぎこちなく動作を行う方が脳全体が興奮状態となり、血流量が増えて普段使っていない脳の領域まで活性化されることが分かってきたためだ。

 モノをつまむときに、あえて中指、薬指、小指を使うようにするのもお勧めだ。カナダの脳外科医ペンフィールド氏は、体の各部位の機能が脳のどの部位と対応しているかを示す“脳地図”をまとめている。これによると、5本の指と手のひらが使われたときに刺激される脳の領域が、非常に大きいことが分かる。つまり、手で作業を行うときに親指と人さし指ばかりを使うのは、脳を刺激するうえで非常にもったいないということ。ティッシュを取るときに親指と小指でつまんでみるなど、普段あまり使わない指を使う工夫をすることで、脳の領域を効率よく活性化できるのだ。

 脳が喜ぶ迷路パズルや食事法、運動法なども紹介。日頃のちょっとした工夫で、脳の若返りを図ろう。

(フォレスト出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る