「1分で体がすっきり生き返る 鼻トレ!」深堀真由美著

公開日: 更新日:

 目や口と違い、鼻は本来24時間365日、ひとときも休むことなく働いている。その役割は空気の量の調節から浄化作用、温度調節など、私たちが健康に生きるために欠かせないものばかりだ。

 しかし近頃、鼻を使わない口呼吸をする人が増えている。空気は鼻を通して入れないと十分に加湿や浄化されないため、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなったり、口内環境が悪化して歯周病のリスクも高まりかねない。また、あらゆる動物の組織や器官は使わないと機能が低下してしまう。使わない筋肉は萎縮して硬くなり、血流も悪くなる。鼻も同じだ。そこで本書は、鼻を鍛えて呼吸をしやすくする数々のトレーニング方法を紹介している。

 基本は「下腹呼吸」だ。あぐらをかいて床に座り、左右の座骨をしっかりと床に付けるよう意識しながら背筋をまっすぐに伸ばす。次にお腹をへこませながらゆっくりと息を吐き、吐き切ったらお腹を緩める。そしてお腹が膨らむまでゆっくり息を吸い、一瞬の間を置いたら骨盤の下部にある骨盤底筋という筋肉を引き上げるよう意識しながら息を吐く。呼吸はすべて鼻から行い、これを8回繰り返そう。

 鼻のトレーニングで鼻呼吸が身に付いたら、症状別の呼吸を行おう。例えば不眠症なら、床に体育座りをし、親指の先を耳の穴に入れて息を吐き、残りの4本の指で目を覆って息を吸う。そして、口を閉じながら蜂の羽音のような音で「ん~」とハミングしながら息を吐く。10回もしくは数分間行えば、気持ちが穏やかになり不眠の改善につながるという。

 肩こりやダイエットにも有効な呼吸法も伝授。鼻を鍛えて鼻呼吸を身に付ければ、長引く不調が改善されるかもしれない。

(ヤマハミュージックメディア 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  8. 8

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  9. 9

    五輪優先に選手特権…コロナ敗戦は例を見ない深刻なものに

  10. 10

    在印邦人1万人を政府見殺し 臨時便の空席は帰国困難の証し

もっと見る

人気キーワード