「50歳からはじめる一生病気に負けない強い体のつくり方」石井直方著

公開日: 更新日:

 トレーニング科学が専門で、ボディービルの競技者として活躍した経歴も持つ著者。長年にわたり健康のためには筋肉を鍛えようと呼びかけてきたが、61歳のときにステージⅣの悪性リンパ腫という宣告を受けてしまう。

 しかし、6回の抗がん剤治療も乗り越え、今も元気に活躍している。年齢を重ねれば、どんなに丈夫な人でも病気になる確率は高まる。それを乗り越えるにはやはり、日頃から筋肉を鍛えて病気に打ち勝つ力を付けておくことが重要だと本書は説いている。

 なぜ筋肉を鍛えることが有効なのか。今、世界的に注目を集めているのが、筋肉がつくる3つのホルモンだ。ひとつは、「インターロイキン6」。炎症を鎮める働きを持つと言われ、血管の内壁で動脈硬化を予防・改善する効果が期待されている。

 また、大腸がんの初期段階でがん化が疑わしい細胞をアポトーシス(細胞死)に追い込む可能性がある「SPARC(スパーク)」、そして脳の海馬に働いて活性化させ認知症予防につながるとされる「イリシン」が、筋肉から分泌されることが分かっている。他にも、筋肉を動かすことで成長ホルモンや性ホルモンなど加齢に伴って減少するホルモンも分泌されやすくなり、老化のスピードにあらがうことができるという。

 筋肉は、軽い負荷でも効率よく鍛えることができる。本書では、1日10分、週に2~3回でOKの簡単なスロトレ=スロートレーニングを数多く紹介している。例えば、「リズミカルニーアップ」はその場で足踏みを繰り返すだけ。ただし、1秒間に1回(1歩)のゆっくりとした速度で行うのがポイントだ。

 年を取るほど、筋肉は“財産”になる。今日からスロトレを日課にしよう。

(三笠書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード