「オナホ売りOLの日常」堀江もちこ/文・菅原県/漫画

公開日: 更新日:

 アダルトグッズの営業として働くもちこはアラサー。ある日、営業先に行く途中で電車の網棚にディルド(男性器張り形)を忘れてしまった。急いで駅の窓口に行くも、遺失届にディルドとは書けず、雑貨と書いてゴマカす……。

 扱う普通じゃない商品の数々と意外と普通な仕事ぶり。エロを仕事とする女性への好奇の目や交際相手の偏見さえ受け入れ、柔らかくも強く生きる淡々とした「日常」、
ネット時代に押され、アダルトショップは閉店ラッシュとシビアな実情もつづる。

「柳に雪折れなし」の生き方に引き込まれるコミック&エッセー。

(光文社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る

人気キーワード