「ユー・アー・ヒア」ニコラス・クレイン著白川貴子訳

公開日: 更新日:

 紀元前1900年ごろの中国には、最古の夏王朝を開いたという禹王がいた。実在したかどうかは不確かだが、禹王は「治水の神」としてあがめられている。中国の研究者チームは、地震による地滑りで天然のダムが決壊して大洪水になった時、禹王が治水工事を行ったと考え、その痕跡を調査した。ダムの決壊により11~16立方キロメートルの水が放出され、それは2000キロ以上先の下流まで流れ込むほどの凄まじい水流だった。

 禹王の業績は、1000年後に編さんされた「禹貢」に記され、1865年にスコットランド出身のジェームズ・レッグによって翻訳された。

 イギリスの紀行家で、王立地理協会の前会長が「地理学」のさまざまなトピックをつづる。

(早川書房 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る