「ユーラシア動物紀行」増田隆一著

公開日: 更新日:

 著者の専門である動物地理学とは、世界各地に生息する動物の進化や多様性、そしてその起源地や渡来の経路・時代を明らかにする研究。これまでの研究から日本の動物たちのふるさとはユーラシア大陸であることが分かってきたという。

 本書は、著者がユーラシア各国の研究者とともに行ってきた動物地理学研究の成果を紹介しながら、日本とユーラシア大陸の関係を考察したリポート。

 フィンランド国立自然史博物館と共同で進めるヨーロッパアナグマと二ホンアナグマの系統地理に関する研究をはじめ、ウラル山脈のヒグマ、アザラシなどの海洋由来の動物も生息するバイカル湖など。フィールドワークの様子も多くの写真で紹介しながら、時空間を旅する動物地理学の世界を案内する。

(岩波書店 960円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る