「『帝国』ロシアの地政学」小泉悠著

公開日: 更新日:

 中国と並ぶ新興大国といえばロシア。しかしソ連崩壊後のロシアは自国を統合するアイデンティティーの欠如に苦しんできた。西は欧州、東は極東におよぶロシアは宗教も民族も多様。しかし共産主義時代のような統一理念がないのだ。

 ロシアの安全保障問題を専門とする著者は、ナチ時代のドイツからきた地政学の発想がロシアに見られるところに注目。周囲の旧ソ連諸国を思いのままコントロールする「帝国志向」は神話に過ぎないものの、プーチン大統領は軍事的・政治的に他国に依存しない自己決定権を保持する国だけを「主権国家」と認める特異な世界観を持っている。

 その観点からドイツを「主権国家ではない」というプーチン。自前で核兵器を保有せず、同盟国に軍事的に守ってもらうだけの国は「主権」がないという意味だ。

 とすれば日米軍事同盟下の日本も同じ。対ロ外交はよくよく心しなければ手玉に取られるだけということだ。

(東京堂出版 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    総務省に新疑惑!東北新社に「脱法スキーム」指南の可能性

もっと見る

人気キーワード