「『帝国』ロシアの地政学」小泉悠著

公開日: 更新日:

 中国と並ぶ新興大国といえばロシア。しかしソ連崩壊後のロシアは自国を統合するアイデンティティーの欠如に苦しんできた。西は欧州、東は極東におよぶロシアは宗教も民族も多様。しかし共産主義時代のような統一理念がないのだ。

 ロシアの安全保障問題を専門とする著者は、ナチ時代のドイツからきた地政学の発想がロシアに見られるところに注目。周囲の旧ソ連諸国を思いのままコントロールする「帝国志向」は神話に過ぎないものの、プーチン大統領は軍事的・政治的に他国に依存しない自己決定権を保持する国だけを「主権国家」と認める特異な世界観を持っている。

 その観点からドイツを「主権国家ではない」というプーチン。自前で核兵器を保有せず、同盟国に軍事的に守ってもらうだけの国は「主権」がないという意味だ。

 とすれば日米軍事同盟下の日本も同じ。対ロ外交はよくよく心しなければ手玉に取られるだけということだ。

(東京堂出版 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  7. 7

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る