「京都祇園もも吉庵のあまから帖」志賀内泰弘著

公開日: 更新日:

 京都の個人タクシーの運転手・美都子は、元ナンバーワン芸妓。美しさ、そして踊りでも祇園一との評判だったが、元芸妓の母親・もも吉との口論がきっかけで、転職してしまったのだ。同時に、もも吉も営んでいたお茶屋を畳み、一見さんお断りの甘味処「もも吉庵」の女将に収まってしまった。

 ある日、東京からの客を「縁切り縁結び」で有名な安井金比羅宮へ案内した美都子は、参拝を待つ行列の中に見覚えのある顔を見つける。「仕込みさん」と呼ばれる、舞妓修業中の奈々江だった。今は「都をどり」の最中で祇園が最も忙しい時期であり、見かねた美都子は叱りつけてしまうが、後味が悪い。(「桜舞う 都をどりのせつなくて」)

 祇園を舞台にしたハートウオーミングな連作集。

(PHP研究所 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る

人気キーワード