「誰も知らないレオナルド・ダ・ヴィンチ」斎藤泰弘著

公開日: 更新日:

 レオナルド・ダ・ヴィンチは、「万能の天才」と称賛されるが、婚外子として生まれた出自や当時の強固な社会通念との闘い、そして数多くの失敗など、その人間としての実像はあまり語られてこなかった。本書は、彼が残した「手稿」を読み解き、その思想と素顔に迫るノンフィクション。

 1500年、絵を描くことに消極的だったレオナルドは、自分が古代の哲学者で最高の科学者アルキメデスの再来と自負していたという。その自負を支えるのは世にもまれな忍耐力と勤勉さだった。他にも「君主論」で知られるマキャベリとの意外な共通点、ミケランジェロとの絵筆対決、飛行機械の失敗、そしてほぼ同じ「岩窟の聖母」を2点描いた謎など。壮年期以降に焦点を当て、天才の真実を明かす。

(NHK出版 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る