「誰も知らないレオナルド・ダ・ヴィンチ」斎藤泰弘著

公開日: 更新日:

 レオナルド・ダ・ヴィンチは、「万能の天才」と称賛されるが、婚外子として生まれた出自や当時の強固な社会通念との闘い、そして数多くの失敗など、その人間としての実像はあまり語られてこなかった。本書は、彼が残した「手稿」を読み解き、その思想と素顔に迫るノンフィクション。

 1500年、絵を描くことに消極的だったレオナルドは、自分が古代の哲学者で最高の科学者アルキメデスの再来と自負していたという。その自負を支えるのは世にもまれな忍耐力と勤勉さだった。他にも「君主論」で知られるマキャベリとの意外な共通点、ミケランジェロとの絵筆対決、飛行機械の失敗、そしてほぼ同じ「岩窟の聖母」を2点描いた謎など。壮年期以降に焦点を当て、天才の真実を明かす。

(NHK出版 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る

人気キーワード