「地形の思想史」原武史著

公開日: 更新日:

 村上春樹の「1Q84」には、奥多摩から山梨県にかけての地域が、1960年代から70年代の新左翼の活動の拠点として描かれている。八王子市とあきる野市の境にある小峰峠を抜けると五日市町だが、五日市町は明治初期には多摩地区の自由民権運動の中心地だった。その背景には、五日市町が外国交易の玄関口、横浜と街道でつながっているという地理的条件がある。この地で教員、千葉卓三郎が1881年に「日本帝国憲法(五日市憲法)」を起草したという。その草案に書かれた基本的人権の尊重や言論の自由などは、1946年公布の「日本国憲法」に受け継がれた。

 地形という視点から日本の「思想」を考えるユニークな一冊。

(KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る

人気キーワード