北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「人生がそんなにも美しいのなら」荻原浩著

公開日: 更新日:

 直木賞作家・荻原浩の漫画作品集である。あとがきを読むと、荻原浩はもともと漫画家を志していたという。ところが描いてはみたものの、うまくいかず、断念して広告制作会社に就職。コピーライターとして働いたのちに作家となって直木賞を受賞。(それからも順風満帆といっていい活躍をしていくが)60歳のときに若き日の夢を思い出して再挑戦し、ついに一冊の作品集を刊行、という経緯だったようだ。

 なんだ素人の手すさびか、と早とちりする人がいるかもしれない。そう思ってこの本を開くとびっくりする。8編を収録しているが、絵がうまいのはもちろんであるものの、絶妙な物語ばかりなのだ。

 困るのは、ネタをばらさないほうが絶対にいいので、詳しくは紹介できないことだ。たとえば、ファンタジー「猫ちぐら」はほのぼのしてくるし、SF「ある夏の地球最後の日」は予想外の展開が楽しいが、どちらも細かく紹介してしまうと、読者の興をそいでしまいそうなのである。黙ってお読みになることをおすすめしたい。

 冒頭の「大河の彼方より」は、流れついた瓶の中に入っていた手紙を読むと、想像を絶する冒険譚が語られていた、という一編だが、悠久の時の流れを感じる傑作だ。しかし好みで1編選べば表題作。漫画でなければ、この温かみは描けないのではないか。ラスト1コマが、特に素晴らしい。 (集英社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

もっと見る