「『お迎え』体験」河原正典著

公開日: 更新日:

 死が迫った終末期患者が、すでに亡くなっている配偶者や両親ら故人や通常見ることができない事物を見る「お迎え」体験。これまで在宅緩和医療医として多くの患者を自宅でみとってきた著者らの調査によると、亡くなった患者の約4割が「お迎え」を経験しているという。

 お迎え体験が死にゆく人たちの多くに訪れる共通した体験であることに気づいたのは、著者が勤務する在宅緩和ケアの専門クリニックを開設した岡部健医師(故人)だった。岡部氏が注目し、著者らが引き継いだお迎え体験の調査・研究の成果を紹介しながら、誰もが免れぬ死について考察したリポート。

 さまざまな事例を紹介しながら、お迎え体験が患者にとってポジティブな側面を持つことが多いことを明らかにする。

(宝島社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る